この間、うちのルーツの栃木に行ったとき、そこの家の整理をした。
親父は長男ながら若いころ、歴代の先祖が住み続けた田舎の土地を出てしまった。
当時から仕事がない田舎だったからしょうがない。
その家には叔母が住んでいたが、数年前に亡くなっている。

空き家になって久しいが、行ったついでに少し整理した。
位牌を持ち帰ったり、祖父母の遺影を持ち帰ったり、、。
家の中も荒れ放題でなけなしの掃除もした。

わけのわからない位牌を持ち帰り、拭いてみてよく見ると、、「宝永」とある。
元号の宝永は、1704年-1711年とのこと、。300年前の位牌があるとは、、、。

うちの歴史は永い。自分は藤原仲麻呂から直系43代目と聞かされている。
苗字が藤原でなくなっているのは、平民苗字必称義務令に関係していると思われる