長靴で、ふんづけ、出来るだけ詰める。3袋作ったところで、疲れ、

空家の草取り作業へ。

ツルを引きずっていたら、カボチャがついて来た。草丈が短くなったら、フキが目立つようになり、

今年最後の葉も小さく、茎も細くなっている、フキを採る。

防草シートの重しの代わりの鉢植えの雑草が、気になっていたが、やっと、今日、それらを

ひっくり返し、中の土を出す。

そして、畑の土を入れ、チューリップの球根を植える。小さめの鉢5個へ、球根6個。

赤と薄紫。

2時間の草取りを終わり、門を出て一回りすると、南隣の老夫婦が、まだ、作業中だった。

90歳前後のご夫婦。おじいさんは、鍬を手に、振り上げていた。ねぎ畑の土寄せの最中らしかった。

おばあさんは、手押し車で動いていた。

どちらも。体を90度曲げて。

畑が広いということは、大変だ、あの年齢になっても、畑がある限り、作業しなければならなくなる。