会社なんかでも、一つの課と、となりの課とは、仲が悪かったりします。

その50人くらいの固まりに、まぁ、私のイメージだと、旧い5階建の団地の1棟で、一つのコミュニティを作って、そこに自治させるのですね。

そういうコミュニティに自治させて、そこに、福祉の予算を集めるのですね。

まぁ、民生委員みたいな人に、大家さんになってもらって、高齢者で、貯金のない人、シングルマザー、生活保護受給者とかをまとめて、江戸の長屋的に、助け合い、支え合って生きてみるというのを導入してみるといいのだと思いますね。

住宅で、駅から徒歩10分以内でないと売れない、貸せないとかの時代です。

アパート1棟まるごと借りるなら、地方公共団体に安く貸してもいいとかありますよね。

空き家問題とかありますので、そういうところを住めるようにして、福祉の必要な世帯をまとめて面倒をみる。

まぁ、そういうところを、保育の場として、使えるようにして、少人数の保育施設にして使うのも面白いと思います。