今、心理学の本を読んでいる。特に幼少期に接する愛情が重要であることを再確認した。

普通、子供が誕生すれば、その両親はわが子に愛情を注ぐ。ただ、何もわからない子供に、強制的な愛情はよくないようだ。空き家解体のポイントは自立を促し、子供の気持ちを尊重することだ。子供を自分のペットにしてはいけない。

私の子供時代を思い出すと、母が働いていたため「べったり」とした関係はなかった。働く姿を見なせがら、食事などはしっかりと作ってくれた。学習塾やそろばん塾なども行かせてくれて、ある面では教育ママ的な要素もあった。

今思うと、私の自立を確立するために愛情を注いでくれたことが分かる。自立はできたと思う。母には感謝したい。

子供に過剰な愛情は禁物であり、「適度」な愛情とかかわりが重要だと思うが