飼い猫の中の1匹。 雑種のチャトラ オス 2才 尻尾の奇形以外は外傷なく健康 外傷なく健康、のはずだったのだが・・・ 昨夜から餌を食べず、水を飲んでも吐くという症状に ただ事ではないと今日、獣医に診てもらった。 空き家解体は自分は仕事だったので 仕事でない仲間に調整してもらい、連れていってもらった。 午後、中間報告としてメールが届いた。 症状は過去史上最悪だった。 「急性腎不全による尿毒症」 尿毒症・・・去年の2月、我が家のおばあさん猫を死に至らしめた病気。 22歳という高齢のため、どうしても回復まで寿命がもたなかった。 その恐怖が、また我々の前に立ち塞がった。 腎臓数値は、おばあさん猫より悪く、予断を許さない状況だという。 まさかまた一匹連れて行く気か?まだ2才の子供を、連れて行く気か? そんなことは絶対許さない。 入院、そして集中治療。完治まで交代で見舞い、応援。 ケンカ盛りの2才のオスだ。体力は万全のはず。まだ治るはず! 帰宅してから、おばあさん猫に線香を上げて 力を貸していただくようお願いする。 こうなったら猫の手も、亡くなられた猫の手も借りたい。