先生の指導が何を目指しているのかというと「ラクに弾く」ということ。指1本1本の動かし方から細かく教えて下さる訳ですが、「その方がラクでしょ?」「その方がラクに弾けるはず」と先生は必ず言います。そんな細かいことやってもしょうがないんじゃない?って思う人もいるかもしれないけど、体がラクになることはもちろん、当然音も綺麗になります。ラクに弾けて音も綺麗になる、いいことだらけ、やらない手はありません。

弾きだした途端ちょっと低いとストップふらふらあせあせ(飛び散る汗)
後膨らみしている。
弾き始めに音程直すのは仕方ないとしても、大体鳴ってるんだけど1音弾いてる間の弓の途中しか鳴ってない。とにかく鳴ってもらって下さい。
空き家解体を取るときに3が動かないように。そのまま居る様に。指を乗せる。